本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色 ふりがなをつける よみあげる
嘉手納町立屋良小学校
ホームに戻る
学校概要
●学校の紹介
●校歌
●本校の沿革
●学校教育目標
●2学期制について
●交通アクセス
児童活動・学校行事
●学校行事予定
●行事・活動・ひとコマ
教育活動・校内研
●校内研の部屋
●授業づくり~TOP
●総合的な学習の時間
●家庭・地域との連携
●図書館と本の部屋
その他・お知らせ
●屋良幼稚園へ
●嘉手納町のホームページ
PDFファイルを閲覧する場合はこちらをダウンロードしてください。
 
嘉手納町立屋良小学校

〒904-0202
沖縄県中頭郡嘉手納町屋良一丁目31番地1
TEL:098-956-2214
FAX:098-956-8140
お問い合わせメール

校内研の部屋

2007年11月22日

テーマ
「一人一人が輝く屋良っ子」 自主・自立・創造

■研究主題

問題解決的な学習を中心として
特色ある学校づくりを目指した教育課程の編成

 

1.学習指導の実際の場面において、教師が「問題解決的な学習指導」の工夫展開を図っていくような支援があれば、自ら学ぶ意欲を持って課題解決に立ち向かっていくような子どもが育つであろう。

2.「英語で話そう」を通して、英語での会話、歌、リズム遊び、ゲーム等を楽しみながら外国の言葉や文化、風俗・習慣に親しみ、国際理解教育への基礎を培うことができるであろう。

3.「パソコンで遊ぼう」を通して、パソコンに慣れ、目的に応じた情報を引き出すような体験を得させることにより、パソコンに慣れ、親しみ、情報活用能力の基礎を培うことができるであろう。

4.「屋良っ子学習」を通して、児童の興味・関心を基に学習課題を決定させ、テーマに沿って主体的な課題解決を継続させることにより、計画力、実践力を養い、自己学習力を高めるであろう。


■時間の運用

「弾力的な時間の運用」 日程表 時間割 1単位時間 授業時数
弾力的な時間の運用の実践例
<3学年 国語科  単元「声に出して読もう」>

 

金子みすゞの詩「ふしぎ」を読んで、自分たちも「ふしぎ」を見つけ、それを感じたまま詩に表現するという活動で本時の展開を60分とした。子どもたちの書きたいという気持ちを継続させ、作品にまで仕上げるという活動を組むために必要と考えた。時間の運用は前時を30分で(暗唱発表会)行い、残りの15分を本時の45分に加えて、60分の時間をみいだした。

 

過程 つかもう・予想しよう やってみよう くらべよう まとめよう
時間 (45分) (45分) 30分

15分 → 15分+45分

60分

* 暗唱発表会に30分、残りの15分は他の教科を学習する。
本時では前時で他の教科にまわした15分を加えて60分とする。


■各教科・特別活動・道徳

 

○  問題解決的な学習による授業
   教師主導から子ども主体の授業展開を図る
○ 体験的な学習
○ 基礎的・基本的事項を定着させるための創意・工夫
   学力向上対策の具体的な実践方策を示す
下矢印
○ 問題解決的な学習を取り入れた学習指導法の工夫
   ・各学年に応じた学習経過
   ・学習問題(課題)の提示
   ・思考を深めた発問の工夫
○ 個に応じた学習指導法の工夫
   ・TOP教育の推進
○ 学習内容の定着を図るための学習評価の工夫
   ・学習指導における評価 

■総合的な学習の時間

《横断的・総合的な課題と地域の特色に応じた課題》  
○ 国際化、国際理解教育に対応した教育の実践化
○ 情報化に対応した教育の実践化
《児童の興味・関心に基づく課題》
○ 自ら学び、自ら考える力の育成を目指した教育の実践化
下矢印
○ 「英語で話そう」の主題で活動を展開
   ・英語に親しむ活動
   ・ALTとのTTによる活動  
○ 「パソコンで遊ぼう」の主題で活動を展開
   ・パソコンに親しむ活動
   ・年間計画の作成、活用
○ 「屋良っ子タイム」の主題で活動を展開
   ・学習の手引きの作成、活用
   ・TTボランティアの実施 

■家庭・地域との連携

 

○  読書環境の整備と読書活動の充実を図る
○ 父親による学校を支援し子どもの健全な育成を図る活動
下矢印
○ 父母による朝の読み聞かせ会
   ・活動計画の作成、活用
   ・読み聞かせの研修会
   ・大型紙芝居の作成、実演
○ 父親の会による諸活動
   ・教育講演会
   ・社会人講話
   ・ボランティア活動

■校内研と総合的学習の時間 ~ 特色ある学校づくり(一人一人が輝く屋良っ子)

学校教育目標(「自ら考え、豊な心でたくましく生きる子」の育成)

下矢印

総合的な学習の時間のねらい
1.自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力を育てる。
2.情報の集め方、調べ方、まとめ方、報告や発表、討論の仕方などの学び方やものの考え方を身に付ける。
3.課題の解決や探求活動に主体的、創造的に取り組む態度を育てる。
4.自己の生き方を考えることができる。 

 

目指す子ども像(一人一人がかがやく屋良っ子)
めざす子ども像(一人一人がかがやく屋良っ子)   自主・自立・創造
生 き る 力 の 育 成
《10年間・意図的・計画的・継続的・日常的な実践化》
1.自分の願いを持ち、追求する子
2.感動する心を持ち、根気強く取り組む子
3.自ら考え、実践し、創意ある表現のできる子
4.人、自然、社会、文化、国際、情報への関わりを大事にする子
5.自分のよさに気づく子

下矢印

●英語で話そう(屋良っ子タイム) +国際理解教育(興味・関心に基づく課題)
1.英語で遊ぶ(ゲーム、ダンス)
2.英語で歌う(うた)
3.英語で会話する(あいさつ等)
4.異文化を理解し、自国のよさ、自分らしさを見つける

 

●パソコンで遊ぼう(屋良っ子タイム)+情報化教育(興味・関心に基づく課題)
1.コンピュータに慣れ親しませる
2.主体的な学習活動の道具としての活用
3.学習指導としての活用
4.コンピュータリテラシーの育成をめざす道具(情報手段の活用能力の育成)

下矢印

学習活動 教科・領域・特別活動・裁量
学年PTA・地域・地域の教育施設などとの連携

 
 
Copyright(C)屋良小学校.All Rights Reseved. ▲ページトップへ